r4.png(2240 byte)

シューティングゲーム


フロントライン
16.9 状況に寄って武器を使い分けながら、ひたすら前へ進んで行く横スクロールシューティング。ゲーム操作の仕方が、マウスとキーボードという一風変わっているところが、このゲームの面白い処。一見、操作しずらそうとに見えますが、絶妙のバランスを保っている。
マウスで狙いをを定めて弾を発射。武器選択・補充もマウスで行います。キーボードで移動と、盾を構えます。そのほかスペースキーで手榴弾を投下することが出来ます。このマウスとキーボードバランスが絶妙。制作者の目の付け所、センスが素晴らしいです。
武器の種類は、ハンドガン・マシンガン・ショットガン・スナイパーライフルそれと手榴弾の五種類。手榴弾以外は武器を切り替えて、しかも弾薬を補充しながら使用しなければならないので最初から使いこなすのは難しいかも知れませんが、何度かプレイしていると、何時のまにか使いこなせるようになります。また効果音は非常に戦場の雰囲気がでていて、細かく凝った造りになっています。
ゲームオーバになるとプレイヤーの条件に値した勲章が表示されます。上官の一言はこのゲームの楽しみのひとつと言えます・・・。



PARSEC47
16.1 洗練されたグラフィックと、ゲームに見事に調和したサウンドでプレイヤーをトランス状態に持っていくハイスピードシューティング。「Noiz2sa 」や「rRootage」の良いところを踏んで、更にパワーアップした感があります。
 難易度は四段階の中から選択出来ます。全てのステージはエンドレスで、毎回乱数で生成されます。攻撃は通常のショットの他に、ロールショット・ロックオンレーザーがあります。
  相変らず、普通のシューティングより明らかに中毒性が高いです。通常より軽く感じるゲーム画面は素晴らしく爽快でプレイヤーを心地よくさせます。



Noiz2sa
12.3 パステル調のゲーム画面と、トランス風のBGMが見事にマッチした弾幕系シューティング。
タイトル画面で、ステージが選択出来るモードとエンドレスモードを選択出来ます。操作は、すごく簡単です。弾幕に当たらない様に自機を操作して、敵機目掛けてショットを発射するだけです。敵に接触しても自機は破壊されません。あとはスローダウンキーが有るくらいです。それとオリジナルの弾幕を書いて、追加したりも出来ます。こちらのほうは、制作者さんのホームページを参考にして下さい。 
あまりにも美しすぎるゲーム画面・構成は、遺跡や象形文字の様に、まるで何かを主張しているように錯覚することがあります。アート性を含んでいるところがこのゲームの優れている点です。



撃破伝
16.7 全面的漢字使用のシューティングゲーム。
 攻撃は、弾とロックオンレーザー、それとキャプチャーがあります。ロックオンで敵を一気に消し去ると、爽快感抜群です。キャプチャーは敵を捕獲することが出来ます。捕獲すると、その漢字どおりの役目をしてくれるので、攻撃や防御の補助的な役目をしてくれます。敵は、漢字に伴った動きで攻撃して来るので、新しい漢字が現れる度に、どういう攻撃を仕掛けてくるのか、思わず期待してしまいます。  
  グラフィックも凄くきれいです。漢字だけなのに、何故か綺麗に見えます。音楽もこのゲームにとてもよく合っていると思います・・・。
製作者さんインタビュー記事