r4.png(2240 byte)

アクションゲーム


まさしくんハイ!
8.5 マウスをぐりぐりして遊ぶ、落書き調アクションゲーム。五種類のゲームを短い時間で続けてプレイできます。
とにかくパラパラ漫画の様に動くケーム構成は、見事としかいいようがありません。何処かで見たことある様な、いかにも自分が子供のころ一度はノートに落書きしたことある様な絵なので、プレイ中、懐かしいような思いが度々込み上げてきます。一瞬ですが童心に返れます。競技説明や、かけ声・セリフ・得点など、全て、ひらがなで表示されるので、もしかしたら物心ついたお子さんのひらがな覚えに役立つかもしれません(*^_^*)くれぐれも熱中しすぎて、マウスを壊さない様に気を付けましょう!



Wok
10 上から落ちてくるボールを、鍋で拾い上げて右に放り投げるゲームです。この動作をひたすら繰り返して高得点を目指します。

 単純な動作ながら、いつのまにか時間を忘れてプレイしてしまう不思議な魅力があります。しまいにはマウスと手がぬくもりで汗びっしょりになってしまいました。惚けているようなゲーム音楽も、妙に耳に残ります。ちょっとお暇な時間にプレイするにはもってこいのゲームです。



6.3 今まで有りそうで無かった、筆跡を題材にしたアクションゲーム。プレイヤーは赤色の筆跡をマウスで操って、さまざまな障害物(漢字)をくぐり抜けながらゴールを目差します。

素人モード・玄人モード・筆跡の微妙な掠れかたなど、作者ならでわの毛筆に対する、拘りか見て取れます。へたっぴな人は、最初は漢字や線に引っかかってばかりだと思いますが、気にせず進みましょう。ゲームオーバーがないので、自分のペースでプレイすることをオススメします。



旋風仮面
24 ひょんな切っ掛けから、「旋風仮面」になった主人公が、街中の悪者を退治して廻る痛快アクションゲーム。パネルを使った個性的な戦闘システム「旋風アクション」を、アナタも味わおう!

「旋風仮面」は、最初の選択画面で三つのゲームが選択出来ます。
旋風アクション
 このゲームのメインゲームです。短めのストーリーアクションをテンポよく遊べます。
攻撃の仕方
 鉄版を使って敵を攻撃します。敵が転んだ後、踏みつけて敵を倒します。 説明し難いですが、他のゲームは見られない独特な攻撃の仕方です。この戦闘の仕方が、このゲームの最大の特徴です。
旋風パネル
 上記の記した戦闘システムを利用したパズルゲームを10ステージプレイ出来ます。
旋風 バトル外伝
 簡単に説明すると、敵をひたすら、ズバズバ切り倒していくゲームです。Lv6までプレイできます。三つのゲームのなかで一番爽快感抜群だと思います。
ゲーム全体に言える事ですが、漫画の様なコミカルなストーリー・演出が素晴らしいです。時たま聞こえる奇声の様な声優の声は、このゲームを面白く感じる一因にしています。



Good Viking
15.1 RPGツクールで作った、一風変わったミニゲーム集。「ホワイトキット」「ウエルカムドーア」「ライトライト」「グッドバイキング」を遊べます。各ゲームにそれぞれミニストーリーが付いています。その他にミニゲームがもろもろ用意されています。
  殆どのゲームが、普通では思いつかない様な不条理な発想で作られています。その中でも「ウエルカムドーア」が一番気に入りました。ある日、客が来ないレストランに、妖しい老婆が現れます。その老婆がドアを擬人化します。 擬人化したドアは、お客さんを集めに色々な人に話し掛けに行きます。そのあとドアは、お店の入り口に張り付いて、お店に客を吸い寄せるというゲームです。
 お話も、ユニークで面白かったです。こういう発想は何処からくるのでしょうか?何とも不思議な作品です。



Pendulumania 〜ぺんじゃらまにあ〜
28.1 振り子を振り回して、ゴム紐が切れない様に高得点を競うアクションゲーム。
操作は、マウスを動かすだけの単純なものですが、プレーしてみると意外と奥が深いゲームです。
振り子に付いたボールをターゲットにぶつけると、得点が得られます。得点はゴムの伸び率が長いほど高得点を得ることが出来ます。ただしゴムを伸ばしすぎるとプツリと切れて、寂しく画面下でボールが数回バウンドして (このシーン妙に好きです(^^;)。) ゲームオーバーになってしまいます。最初は、ゴムひもが切れてばかりで、イライラするかも知れませんが、コツが解ると自然にひもが切れなくなり、高得点を目差して猿のように何度も繰り返してプレイしている自分に気づくと思います。
製作者さんインタビュー記事



ドカちゃんのオニごっこ
24.3 お馴染みのキャラクター ドカちゃん・トビちゃん・ダイちゃんが、オニに捕まらないように、迷路内に逃げ込んだヒヨコたちを捕まえるドタバタアクションゲーム。
このゲームは二つのゲームを楽しむことが出来ます。
「ぴよぴよバトルゲーム」
制限時間内にオニに捕まらない様に、4匹のヒヨコを追い掛けるステージクリア型ゲーム。
「逃げ切りランキングゲーム」
オニに捕まらないようにひたすら迷路内を逃げまくってタイムランキングを競うゲーム。
 ドカちゃん・トビちゃん・ダイちゃんとそれぞれ特徴があります。色々試してみると楽しいです。最初は、すぐにオニに捕まってしまうかも知れません。何度かプレーしていると、自然とオニの動きやミニレーダーの動きに慣れてきて次のステージに進むことが出来るようになります。
慣れてくると夢中でプレーし続けちゃうと思いますよ。
製作者さんインタビュー記事



ビルパニック
23.2  リバーシ要素を取り入れた痛快アクションゲーム。敵側より一つでも多くの壁を完成させると次のステージに進めます。少々難易度高めかもしれません。とくにボスは、なかなか手強いです。
 壁は縦・横・斜めを、挟むように完成させて行くと、一気に自分側の色ににひっくり返すことが出来ます。そのため、考えながらプレーすることが重要です。なかなか次のステージに進めない方は、二人同時プレイを進めます。二人同時プレイはなかなか燃えると思いますよ(^^;)
製作者さんインタビュー記事



ぶんぐるWA
16.3 小型怪獣の様な何とも愛くるしいキャラクター「いんすまうす」を操りながら頂上を目差すゲーム。
 ジャンプは、三回まで可能.。三回で次のブロックまで辿り着けないと急降下してゲームオーバー。またブロックが崩れてくるので速くジャンプしないと落下します。慣れてくるとブロックを飛ばして一気に次のブロックに駆け上がれます。これが実に心地いいです。何ともいえない浮遊感が得られます。



魔王のアクジ
26.7 地下迷宮に封じらている9個の石を探しに行く冒険アクション。
キュートな主人公「アクジ」が上・下・右・左と縦横無尽に駆け回ります。最初は行ける所が制限されていますが、封印された石が解かれると、少しずつ移動できる範囲も増えて行きます。
・石をゲットしたときのイラストがとてもキュート!
・ダッシュすると足が漫画みたいに渦巻き上に変形してこれもグットです。
 それから親切なことに、ゲーム上のポイントに有る看板が、あらすじやゲームの説明を示してくれます。セーブは、地蔵みたいな姿をしている「魔王の像」の前でセーブできます。セーブポイント多し。



みならい魔法使いフワルの冒険(体験版)
18.9 小さな町トルーキンで、マーリン先生の教えのもと、魔法の修行に勤しんでいた「フワル」が、ひょんな切っ掛けから、一人で、魔法を使う力を貸してくれるとゆう精霊達を探す旅に出掛けることとなりました。果たして無事に精霊達に出会うことができるのでしょうか?
とにかくフワルの動きが多彩です。これだけでも、かなり楽しめます。しかも音声付きで、フワルが喋りまくります。
 最初は魔法を使うことは出来ませんが精霊達に出会うと魔法を使用することが出来るようになります。ただし魔法を使用するには何故か「コイン」が必要です。「コイン」が無くなると魔法が使えなくなります。魔法はよく考えて使いましょう。
 町で会話やお買い物ができます。これがこのゲームのアクセントになっています。町に行けることでこのゲームをよりいっそう奥深い世界にしています。 
体験版は前半ステージのみプレイ出来ます。 
フワルが被っている大きめの三角帽子がとても印象的です。
製作者さんインタビュー記事